防犯カメラを設置して泥棒をシャットアウト!

警備員

犯罪の証拠になる

防犯カメラ

スーパー、コンビニ、店舗、オフィス・・・。盗難・強盗のターゲットにされやすい施設だと言えるでしょう。特に、スーパーやコンビニというのは多くの人間が足を踏み入れる場所である為、「窃盗」の犯罪のターゲットにされやすいのです。オフィス・銀行などは多くのお金が用意されていることが予測される為、窃盗では無く、「強盗」の犯罪のターゲットにされやすいと言えるのでは無いでしょうか。窃盗・強盗。どちらも防犯カメラが設置されていないと、その犯罪の瞬間というのをデータとして残すことが出来ません。窃盗の場合、周りにバレないように行われることになりますから、相当注意してその瞬間を見ていないと、窃盗しているかどうかわからなくなってしまうのです。強盗の場合、その場に居合わせた人間はその瞬間を目撃していることになるでしょうが、身なりや強盗の瞬間というのは、人の脳内にしかインプットされていません。明確な記録が無いからこそ、当時の状況を警察の方に伝えても、それが逮捕への決めてとならない場合も・・・。犯人が逮捕されなければお金は戻ってきませんし、大きな損害を受けることになってしまいます。
ですが、防犯カメラが設置されており、その犯罪の瞬間を捉えているのであれば、必ずその映像が逮捕の決め手となります。オフィスなんかでは、「我が社が襲われることは無い・・・」と油断し、防犯カメラを設置していない企業も多くあると思います。いつどこで何が起きるかわからない時代。多くのお金を管理していることから、防犯カメラの設置は、必要不可欠なのです。